長女が5歳になった

| コメント(0) | トラックバック(0)

親は子供の性格に責任を持つべきとは思いますが、なんだか知らんうちに、長女は超のつく負けず嫌いに育っています。

そのうち、「敗北を知りたい」とか言いだして、荒修行に出かけてしまわないように、ふたりの勝負には多少花を持たせますが、基本的には僕は勝負事には手を抜かない方針なのが影響しているかもしれません。
トランプゲームの神経衰弱とカルタが微妙な勝率になってきましたが、オセロや駆けっこなどは今のところ「まだまだ、負ける気がしません」 娘よ修行して出直してこい!と言いたい所ですが、しばらくは家庭で修行してもらいたいお年頃です。
はやく、僕が心底
「まいりました。」
と、言われるぐらいになっておくれ。

チョコレートケーキを所望した。
長女5歳
 おめでとう。
長女 5歳

長女 5歳時の主な機能 一覧

 
長女 5歳時の主な機能 長女 5歳時の主な機能
たいてい 一生懸命 やる 公文をやる

将来の覚え書きとして

  • ひらがな、カタカナの読み書き、漢字の読みができる。
  • 2桁の筆算がややできる(繰り上がりが難しいらしい)
  • あやとり で なんか作ってる
  • おりがみ で なんか作ってる
  • 嫁と結託して、オレのこと、怒ったりしやがる
  • 難易度が違うのに、次女と公文を競争して、負けると悔しがる
  

もう、人間としての基本的な機能は備わった気がする。

嫁に性格が似てきたのが気になる。

娘には、「罪を憎んで人を憎まず」(出典『論語』)さらに、「ちゃんとしないでも、父をとがめず」(出典『俺語』)を教えなければならない と思っている。

とにかく勝ち負けにこだわり、質問攻めします

負けず嫌い の『ず』がわからない 件

負けず嫌いの娘に対して

「ほんと、負け嫌いだよなっ!」  
「負けないのは嫌いじゃなくって、負けないのが好きなの!」  
「いや逆で、負けるのがキライなことを『負け嫌い』って言うんだよ。」  
 って 変なの? どうして?」  

「うーんと・・・。食わ嫌いは、食べてもないのにキライになることだから、負けず嫌いは負けてないのにキライになること(たぶん違う!?)だよ。
きっと本当の勝ち負けは、たった1回の勝負で決まるモノではないのだよ。

だから『負けるが勝ち』ということわざもあるよ。」

 
「じゃー、勝ったら負け?」  
「いや勝ちは勝ち。『勝てば官軍』ってことわざもあるよ。」  
「じゃー負けたらなーに?」  
「負けたら 敗軍?かな? ただ、負けた人の言い訳はみっともない。『敗軍の将は兵を語ら』ということわざもあるよ。」  
「語ら の場合は、負けなの?勝ちなの?」  
「そういうことではないっ! 分から屋っ!」  
「分から屋さんは、わかってるの?わかってないの? なに売ってるの?」  
     

なんていうような5歳の長女です。

先が楽しみです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.advenpro.net/MT5/mt-tb.cgi/156

コメントする

このブログ記事について

このページは、新宿の働かない社長が2011年4月13日 00:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「火事場泥棒に通常の3倍 法案が成立」です。

次のブログ記事は「第1回わが家のひな祭り写真コンテストに入選した」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。