長男が2歳になった

| コメント(2) | トラックバック(0)
長男が2歳になりました。よかった。よかった。

長男といっても、上に長女、次女がいる末っ子。

年度末まであと1週間というタイミングで生まれたので、保育園の学年のなかでも末っ子みたいなモンです。

甘ったれな男は、大嫌いな僕ですが、困ったことに我が息子が甘ったれになっているような気がしなくもない。
まず、顔だとか表情が女っぽいのがいけない気がする。

いつの間にか、我が家の誕生会には、爺(僕の父)が千葉からケーキを買って来るというのが慣例になった。僕はなにもしなくてよいので、よい親孝行の方法だな- と思っている。
いつの間にか、我が家の誕生会には、爺(僕の父)が千葉からケーキを買って来るというのが慣例になった。僕はなにもしなくてよいので、よい親孝行の方法だな- と思っている。
やっと5割ぐらいはスプーンやフォークで食べるようになってきた。
やっと5割ぐらいはスプーンで食べるようになってきた。

長男 2歳時の主な機能 一覧

将来の覚え書きとして

  • 男のくせに、すぐ泣く
  • 男のくせに、お風呂大好き
  • 男のくせに、抱っこをねだる
  • お留守番担当にしようとすると「たかともも行く〜」と泣く
  • 車に興味があるようで、道路に「バス、タンクローリー、トラック、タクシー、ゴミ収集車」を見つけると大声でそれらを教えてくれる
  • オムツがとれる気配がない
  

そろそろ男として教育しなくてはいけませんが・・・

男ってバカだな- とつくづく思う。

長男と自分、長女と次女を比較して、わかっていたけど男はバカだ、と感じるのだ。
たった4人のサンプルで男という総体を語るのは乱暴な推論だとするならば、我が家系の男はバカだ!と言える。

長女、次女の女の場合は、一度、痛いと体験したことは、たいてい次はやらない。
ところが長男の場合、何度痛い目を見ても学習能力が低いようで、繰り返す。
(よく言えば痛みに対して寛容だと言えなくもない)

焼肉ホットプレート

ホットプレートで焼肉をやっている時に、長男が熱くなった鉄板を左手で触った。
当然、少し火傷したようで、ひとしきり泣いた後、
「こっちの手なら大丈夫かな?」
と思ったのだろうか?

なんと、今度は右手で再び鉄板を触って、また火傷し、泣いた。
さすがに
「足の場合はどうかな?」
とは思わなかったようで安心したけど、自分の人生を振り返ってみても男ってそういうバカなところがある。

家具のレイアウトなどは、次女誕生からあまり変わっていないので、発育月数とタンコブ製造数をグラフにすると

発育月数とタンコブ製造数の比較 (印象)
 怒らせてみても、ちっとも凄みを感じない

男の子はバカ というのがよくわかる。
ので、手が掛かるのは男児ということもよくわかる。

ちいさな怪我は、大怪我防止のための財産」と僕は考えているので、どんどん小さな怪我をして学習してもらいたいものですが、男と女の学習能力には明らかに差があるのではないか と思う。

ま、そんなこんなだけど、そんな調子で元気な男の子に育ってくれればよい。

長男2歳の写真

う。3人目ともなると手を抜いているからなのか、被写体として、男を撮るのに抵抗があるのかしらないが、長男の写真が少ないことに気がつく。

怒らせてみても、ちっとも凄みを感じない
 怒らせてみても、ちっとも凄みを感じない

 

凄みを出すためにヤンキー座りさせてみたが・・・。
 怒らせてみても、ちっとも凄みを感じない
車が好きなのか、親が与えるから好きになるのか?
 怒らせてみても、ちっとも凄みを感じない
そのバスを布団に持ち込むから、タンコブができるのだよ!!
 怒らせてみても、ちっとも凄みを感じない
足で挟んで持ち上げられるの大好き
 怒らせてみても、ちっとも凄みを感じない
これぞ「両手に
 怒らせてみても、ちっとも凄みを感じない

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.advenpro.net/MT5/mt-tb.cgi/162

コメント(2)

保育園の散歩道で、友達みんなは落ちていた犬の○ンを上手に避けるのに、長男は自らエイヤと踏んだそうだよ。

育て方、間違ってるかねぇ。

ま、地雷以外は、「ウン」でも「フン」でも「イン」でも踏ンでもいいんじゃン!?

コメントする

このブログ記事について

このページは、新宿の働かない社長が2012年3月24日 16:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次女が4歳になった」です。

次のブログ記事は「長女が6歳になった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。