スタンバイとかスリープとか休止状態とかがよくわからない

| コメント(8) | トラックバック(0)

パソコンは、毎回シャットダウンするもの、と決めつけている僕ですが、WindowsVistaの新しい機能にスリープというものがある。デフォルトで、電源ボタンをクリックするとシャットダウンと見せかけて、スリープ状態に入るようになっています。 ところで、このスリープってなんなんだ?

ということで、 休止状態とかスタンバイとか、言葉の意味があいまいでなにがちがうのかよくわからないので、整理してみました。

まず省電力モードというのがある

省電力モードとは、パソコンの起動状態を保持したまま電源の一部をなるべく切ることで、電力消費を抑える機能。

完全にパソコンの電源を切るシャットダウンと比べると、再起動時にOSなどを改めてハードディスクから読み出す必要がないために、素早く起動できます。
あくまで、なるべく なので、完全に電源供給が断たれるような場合、ブレーカーが落ちたり、ノートパソコンでバッテリーを抜いたり、あるいはバッテリー容量が完全になくなると、困ったことになっちゃうのが省電力モードの要注意ポイントです。

Windows XPの場合 スタンバイ 休止状態

WindowsXPには、省電力モードとして、「スタンバイ」と「休止状態」の二つが用意されています。

スタンバイ

スタンバイは、作業中のデータをメモリーに保存したまま,省電力状態になる機能。メモリーのデータを保持するために、電源を必要とします。

休止状態

休止状態は、作業中のデータをハードディスクに書き出して、省電力モードに移行します。

状態になる機能だ。電源を完全に切った状態に近い電力消費になりますが、復帰には時間がかかる。

Windows Vistaの場合 スリープ 休止状態

Windows Vistaには、省電力モードとして、「スリープ」と「休止状態」の二つが用意されています。

休止状態

WindowsXPと同様、作業状態をハードディスクに書き出して、省電力モードに移行します。

スリープ

Windows Vistaの新しい省電力モード「スリープ」は、スタンバイと休止状態を組み合わせたモード。

スタンバイと休止という異なるモードを提供していた Windows XP と異なり、Windows Vista では両方のモードの利点がスリープ機能に集約され、ユーザーのプロセス全体が簡略化されます。

マイクロソフト Vista 機能紹介

ほー、どうやってそれを実現しているんだろ?と思って調べてみたら、メモリー内の作業用データをそのまま保持したまま、ハードディスクにも同じデータを記録しているよう。なーんだ。省電力状態からの復帰が速くなるほか、メモリーへの電源供給が切れてしまった場合でも復帰できるとのこと。

スリープとか、スタンバイとか、休止状態のまとめ

呼び方 スリープ 休止状態 スタンバイ
OS Windows Vista Windows Vista
  WindowsXP WindowsXP
データの保存先 メモリとハードディスク ハードディスク メモリ
省電力モードに入るときの時間 ちょっと遅め

遅め

 

早い
省電力モードから復帰の時間 ×(時間がかかる)
省電力モードの電力消費 ○(少ない) ○(少ない) ○(少ない)
電源が切れた場合 ×

パソコンちょっとカスタマイズ

よくあるトラブル例を挙げてみます。

ノートパソコンで、打ち合わせ先などで、シャットダウンする時間がないため、慌ててノートパソコンのカバーを閉じる(モニタを閉める)とたいていのノートパソコンの場合、省電力モードに移行するように設定されています。この省電力モードが、メモリに作業データを格納するタイプ、つまりWindowsXPのスタンバイモードだと、電源消費がある程度激しいため、再度電源に接続するまでに時間がかかった場合、バッテリ残量が足りなくなりパソコンが落ちてしまいます。

デスクトップでもノートパソコンでも、僕のように、作業が途中で中断したりすることの多い人向けのおすすめの設定をお教えしましょう。

設定方針は

  • ディスプレイの電源はすぐに切れる(僕の場合20分)
  • コンピュータは自動的にスリープ(スタンバイ)にしない
  • ハードディスクの電源は、すぐに切れる(僕の場合20分)

です。長時間使わないとわかっている場合は、電源を切るのが、環境にやさしい使い方 なのかもしれません。

設定方法は

Windows Vistaの場合

コントロールパネル→電源オプション→プラン設定の編集

コントロールパネル→電源オプション→プラン設定の編集

でそれぞれの時間を設定します。ハードディスクの電源の時間の設定は、「詳細な電源設定の変更(C)」から行えます。

WindowsXPの場合

コントロールパネル→電源オプションで設定します。

「休止状態」タブで「休止状態を有効にする」のチェックを外しておけば、休止状態を使わないという設定ができます。

ノートパソコンの場合はさらに…

ほとんどのノートパソコンではデフォルトの設定だと、バッテリーで使用する場合に、バッテリー残量が10%になると、自動的に省電力モードに入るようになっています。人によっては便利な設定かもしれませんが、僕はこの設定を2%ぐらいにして「休止モード」に入るように設定しています。さらに、3%ぐらいで、ばったり-低下の警告が表示されるように設定します。10%だと、10%部分は半永久的にバッテリーを使いきらないので、バッテリーの寿命が短くなってしまうからです。

バッテリー使用時に残量が3%で「バッテリーが少なくなりました」と警告表示がされたら、すばやく作業状態の保存をして、シャットダウンするようにします。おすすめです。WindowsVistaでは、この電源管理が強化されたのでいろいろと細かい設定が行えるようになっています。ちなみに、僕が愛用するVAIOの場合は、WindowsXPでもパワーパネルというアプリケーションで細かく設定できるようになっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.advenpro.net/MT5/mt-tb.cgi/62

コメント(8)

ややこしいですね。
ビスタにかえてからちょっと疑問でしたが、
まぁ電源消しっぱなしなので必要ないです☆
使う生活になったらもう一回参考に読んでみます。

やっぱり、消しっぱなし、が一番、省エネです。

ノートパソコンは必ず電源を落としてからモニタを
閉めないと壊れる・・・と思っていた超初心者です。
状態の違い等よく分かりました。
「パソコンちょっとカスタマイズ」早速設定してみました。
日々勉強です。ありがとうございました。

>10%だと、10%部分は半永久的にバッテリーを使いきらないので、バッテリーの寿命が短くなってしまうからです。

リチウムイオン二次電池は、最後の最後まで放電してしまうと、寿命が短くなります。ですから、電池パック自体に過放電防止する保護回路がついています。
あまり、神経質に最後のほうまで使い切る必要はないように思えます。
それよりも、満充電状態を長くキープするほうが、リチウムイオン二次電池の寿命を縮めやすいのではないでしょうか。
しかし、現実には厳しい話ですね。神経質にならず、寿命がきたらリチウムイオン二次電池を交換することをお勧めします。

ご指摘のとおり、最近のバッテリーは、満充電の状態をキープするほうが寿命が短くなります。
最後のほうまで、使い切る必要はないと思います。
ですが、10%ってかなり 余裕がありますよね? 4時間ぐらい稼働時間があるとすると、あと24分も使える計算です。

2年前の記事に2011年8月のコメントです。
Windows7 もスリープモ−ドのみで、休止あるいはスタンバイはありませんね。

省電力を目的にデスクトップの消費電力を測定いたしました。
富士通FMV F/E60、Windows7
通常使用時は50W前後でした。
スリープモードにすると最初30W程度でしたが、次第に減少し、最後は0Wになりました。
通常使用時ですが、長時間何も作業をしないと、画面が暗くなります。これは自動的にスリープ状態になったのだと思います。(ご確認いただければ幸いです。)この時も最初20W、最後は0Wでした。
スリープは0Wならば、たびたび電源を切る必要はなさそうです。

はじめまして。ミーツと申します。
60才を過ぎて、PCをはじめ、現在71才になりました。確かに、USAで発展してきたせいか英語が多く、多くの天才たちの成果の集大成がPCに結実したものと思います。stand-byとsleepと休止状態は、自分にはよくわかりません。しかし、車を運転するのにすべての理屈を理解しなくてもいいように、PCも同じようなところがあるのがいいですね。理屈がわかればもっと面白くなると思いますので、まず英語をもっと学んで洋書のinternet、Cloudなども読んでみたいですね。いろいろ教えていただきありがとうございました。

どういたしまして。
まずはBASKET様
>通常使用時ですが、長時間何も作業をしないと、画面が暗くなります。これは自動的にスリープ状態になったのだと思います。
これは、かならずしもスリープに移行したとは言えません。
画面の電源だけがオフになっているのかもしれません。
また
>スリープは0Wならば、たびたび電源を切る必要はなさそうです。
そうなんですが、使用頻度などにもよりますが、
自動アップデートなどを有効にしていたりすると
だんたんとパソコンの動作が不安定になることがあります。
たまには、シャットダウンさせてあげたほうがいいかと思います。

ミーツ様
すばらしい向上心ですね。
さて車の例えもそうですが、車、自動車に限らず、なんでも最低限理屈がわかると
よいというのには同感です。
また、わかりにくい(扱いにくい)場合には、プロ(専門職)が生まれるのだと思います。
現在、車検が主にプロが扱うのもその辺りが理由かと思います。
小生は、パソコンなら大抵の故障は部品交換で直せますが、
一般には修理を依頼するので、扱いにくいプロダクトなのかもしれません。

無理矢理、カタカナの英語を使わないで
スリープ→一時的電源遮断設定
シャットダウン→恒久的電源遮断設定
休止状態→一時的作業内容保存設定(要微電源)

とか表記してくれれば、仕組みはともかく、
なんとなく違いは わかるのになー と思っています。

コメントする

このブログ記事について

このページは、新宿の働かない社長が2008年4月14日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インベーダー撃退法」です。

次のブログ記事は「Microsoft Office メール添付の注意事項 これだけは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。