世界がもし100人の村だったら

| コメント(2) | トラックバック(0)
 

誰かが私に興味深いお話を伝えてくれました

もし現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで

全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう

その村には…

57人のアジア人

21人のヨーロッパ人

14人の南北アメリカ人

8人のアフリカ人がいます

52人が女性で

48人が男性です

70人が有色人種で

30人が白人

70人がキリスト教以外の人たちで

30人がキリスト教

89人が異性愛者で

11人が同性愛者

6人が全世界の富の59%を所有し

その6人ともがアメリカ国籍

80人は標準以下の居住環境に住み

70人は文字が読めません

50人は栄養失調に苦しみ

1人が瀕死の状態にあり

1人は今生まれようとしています

1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け

そして1人だけがコンピューターを所有しています

もしこのように縮小された全体図から 私達の世界を見るなら

相手をあるがままに 受け容れること 自分と違う人を理解すること

そしてそう言う事実を知るための教育がいかに必要かは

火を見るより明らかです

また次のような視点からもじっくり考えて見ましょう

もしあなたが今朝目が覚めた時 病気でなく健康だなと感じることが出来たなら

…あなたは今週生き残る事のできないであろう100万人の人たちより恵まれています

もしあなたが戦いの危険や投獄される孤独や獄門の苦悩

あるいは飢えの悲痛を 一度も経験したことがないのなら…

あなたは世界の5億人の人たちより恵まれています

もしあなたがしっこく苦しめられることや逮捕拷問

または死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことが出来るなら…

あなたは世界の30億人の人たちより恵まれています

もし冷蔵庫に食料があり着る服があり 頭の上に屋根があり寝る場所があるなら…

あなたは世界の75%の人たちより裕福で恵まれています

もし銀行に預金がありお財布にお金があり

家のどこかに小銭を入った入れ物があるなら…

あなたはこの世界の中で最も裕福な上位8%のうちの一人です

もしあなたの両親がともに健在で そして二人がまだ一緒なら

…それはとても稀れ なことです

もしこのメッセ−ジを読む事ができるならあなたはこの瞬間2倍の祝福を受けるでしょう

何故ならあなたの事を思ってこれを伝えている誰かがいて

その上あなた は全く文字の読めない世界中の20億の人々より

ずっと恵まれているからです

昔の人がこう言いました 我が身から出るものはいずれ我が身に戻り来ると

お金に執着することなく喜んで働きましょう

かって一度も傷ついたことがないかのごとく人を愛しましょう

誰も見ていないかのごとく自由に踊りましょう

誰も聞いてないかのごとくのびやかに歌いましょう

あたかもここが地上の天国であるかのように生きていきましょう


作:K.Leipold  訳:なかのひろみ

Think globalの第一歩に!

世界がもし100人の村だったら

世界がもし100人の村だったら

  • 著作:池田 香代子
  • 翻訳: C.ダグラス・ラミス
  • 価格:¥ 880 (税込)
  • 単行本: 64ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2001/12)
  • ISBN-10: 4838713614
  • ISBN-13: 978-4838713615

世界がもし100人の村だったら2〜100人の村の現状報告〜

世界がもし100人の村だったら2〜100人の村の現状報告〜

  • 著作:池田 香代子
  • 価格:¥ 1,200 (税込)
  • 単行本: 142ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2002/6/13)
  • ISBN-10: 4838713800
  • ISBN-13: 978-4838713806

世界がもし100人の村だったら3〜たべもの編〜

世界がもし100人の村だったら3〜たべもの編〜

  • 著作:池田 香代子
  • 価格:¥ 1,000 (税込)
  • 単行本: 103ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2004/12/1)
  • ISBN-10: 4838715463
  • ISBN-13: 978-4838715466

世界がもし100人の村だったら4〜こども編〜

世界がもし100人の村だったら4〜こども編〜

  • 著作:池田 香代子,マガジンハウス
  • 価格:¥ 1,000 (税込)
  • 単行本: 61ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2006/7/20)
  • ISBN-10: 4838716869
  • ISBN-13: 978-4838716869

世界がもし100人の村だったらの紹介

原典は、環境学者ドネラ・メドウズが1990年5月に発表した「村の現状報告」というコラムの一編で(パート2より)元々は1000人村だったそう。

この「世界がもし100人の村だったら」は世界の統計比率を100人換算したことで非常にわかりやすく世界の現状を伝えてくれます。環境を考える上でよく言われる「Think global, act local.」(世界的な視野で物事を考え、地域で行動せよ)のはじめの一歩として、世界を考えるための良書だと思います。

ただし、1人に数えられない小数点以下は扱われないので、1%(といってもその数約5000万人!)はマイノリティーとして話題に上がらない点にも注意が必要かもしれません。と思っていたら、「世界がもし100人の村だったら2〜100人の村の現状報告〜」では1000人になっていました。

世界がもし100人の村だったらからなにを考えるか?

小、中学生ならこれらの統計を知るだけでよいのかもしれませんが、大人はどうしてこういう統計の世界ができたのか、推測してみる必要があるかと思います。

それぞれのシリーズのデータを注意深くみていくと、変えなくてもいいものと変えたほうがいいものに大別できます。

白人比率が30%だからといって、「白人を増やそう」とか某マイケルジャクソンのように「白人になろう!」とか、「白色人種をやっつけろ!」(←危険思想ですね。)は考えなくていいのです。宗教の違いも同じかもしれません。けれども50人が栄養失調に苦しんでいるなら、それを0人に変える努力をすべき。

しかし、それは解かっているけれども、僕の直接的な努力で50人(およそ30億人!)の栄養失調を減らすことは難しいかもしれません。 こういった事象にばかり心を捕らわれると、世界が淋しいものになってしまいます。嘆き悲しんでいても仕方ありません。

全4作の中には変えられそうなデータもたくさんあります。特に「世界がもし100人の村だったら3〜たべもの編〜」には、変えられそうなデータがたくさん掲載されているように思います。

「Think global, act local.」と環境の現場で教わることが多いかもしれませんが、あまりグローバルに考え過ぎるとなかなか行動できないなんてことがあるかもしれません。 「Think global, act local.」は理想として頭の片隅においておいてやれるべきことをやる。 日本人は、決して無力ではなく、微力な100人村を代表する一人だと僕は思っています。

アースデイにちなんで

 

関連サイト

動画で見る100人の村

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.advenpro.net/MT6/mt-tb.cgi/19

コメント(2)

はじめて
私は今HPを作成しようと思っています
作成後に[世界がもし100人の村だったら]を掲載したいと思うので、良ければコピーを送ってください☆☆

コピーは著作権に抵触すると思いますので
申しあけありませんが、ご自身で、購入してください。

コメントする

このブログ記事について

このページは、新宿の働かない社長が2007年4月22日 17:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大きな玉ネギの下で」です。

次のブログ記事は「ベランダ ガーデニング その1 これまで編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。