ボストン美術館 浮世絵名品展に行ってみた

| コメント(0) | トラックバック(0)

大琳派展に刺激されて、行ってみたいな〜 と思っていた
ボストン美術館 浮世絵名品展 に行く

きっかけはNHK

よみがえる浮世絵の日本 封印が解かれた秘蔵コレクション
よみがえる浮世絵の日本 封印が解かれた秘蔵コレクション

ボストン美術館 浮世絵名品展を観てみたいなーと思ったきっかけは、

NHKスペシャル「よみがえる浮世絵の日本 封印が解かれた秘蔵コレクション」

を観たから。

1921年にボストン美術館に寄贈されて以来、封印されてきた6500枚の浮世絵版画がある。「スポルディング・コレクション」。一昨年から調査が進められ、浮世絵の歴史を書き替える幾つもの新事実が明らかになってきた。はじめて錦絵=多色摺版画を世に出した鈴木春信。“色彩革命”とも言うべき作品が、どのようにして誕生したかは、大きな謎だったが、コレクションは、その過程に周到な色彩実験があったことを示唆する。また、写楽を凌駕するとさえ言われながらも作品が少ないため「幻の絵師」とされた歌川国政の傑作が多数眠っていた。天才絵師の実像とは?そしてなぜ幻となったのか?
さらに「東海道五十三次」などで知られる巨匠・広重の知られざる作品も発見された。そこからは、幕末の日本で失われゆく江戸の風景を描き残そうとした絵師の知られざる葛藤が浮かび上がる。
江戸の美を版画の中に表現しようとした絵師たちのドラマ。番組では学習院大学小林忠教授らの協力で秘蔵作品を分析しつつ、浮世絵の「日本」美誕生の軌跡を読み解いていく。

NHKスペシャル|よみがえる浮世絵の日本 封印が解かれた秘蔵コレクション

スポルディングコレクションという展示を禁じられた非公開の浮世絵があるそうな。保存状態がよく、本来の色調が奇跡的に残っている そうな。

NHKスペシャルで見る限り、色鮮やか。浮世絵というとなんだかかすれた色調のイメージなのだけれども、鮮やかな浮世絵を見てみたくなった。というわけで レッツゴー!

ボストン美術館 浮世絵名品展

ボストン美術館 浮世絵名品展 WEBサイト
ボストン美術館 浮世絵名品展

ボストン美術館には5万点にのぼる浮世絵版画と、多くの版本・肉筆画が収蔵されています。その質の高さと数量は、世界一の規模と評価されてきましたが、近年までほとんど公開されることがありませんでした。この膨大なコレクションの中から第一級の浮世絵を厳選した本展出品作品は、版画132点、肉筆5点、下絵画稿類12点、版本10点(会場により、展示替あり)で構成され、その大多数が日本初公開です。

出典: ボストン美術館 浮世絵名品展 WEBサイト

なんだそうである。

印象に残った作品

見立邯鄲(歌川国貞)

見立邯鄲(歌川国貞)
うちわ の透け具合

うちわ の透け具合がなんともいえません。

 

讃岐院眷属をして為朝をすくふ図(歌川国芳)

讃岐院眷属をして為朝をすくふ図(歌川国芳

百物語 さらやしき(葛飾北斎)

きっと当時はホラーが流行っていたのでしょう。歌川国芳とか葛飾北斎とかビックネームもホラー話の絵を描いていたりします。

しかし、当時の人は、こういうおどろおどろしい絵を部屋に飾って楽しんでいたんでしょうか?

春画のように こっそり と楽しんでいたんでしょうか?

富嶽三十六景 山下白雨(葛飾北斎)

富嶽三十六景 山下白雨(葛飾北斎)
万国博覧会

北斎の作品では、左の赤富士こと「凱風快晴」のほうが有名かもしれません。

山の左側には、もしかしたらなにか描かれていたのかもしれないなーと思って眺めたりすると面白いモノです。

美術論

鑑賞後 外で

大衆向けの作品のほうが どうやら好み らしい。

アーティストと言えば、なぜか国内では、音楽家のことを指す場合が多いようだけど、やはりアーティストがアーティストたり得るのは、作品を発表して評価を受けることによって成ると思います。

そういった意味では、大衆向けの芸術は、この評価を受けやすく、洗練されたモノになってくるように思えます。(それを孤高の芸術家は迎合と呼ぶのかもしれませんが・・・)

美人画や役者絵は プロマイドだ というのは有名な話ですが、

冨嶽三十六景(誤:富嶽三十六景)やら東海道五十三次も、旅 をテーマにした、現代風に言うならば るるぶ だっただろうと思います。

 

つくづく、よい時代に生を受けたなーと思ふ今日この頃です。

(写真と本文はあまり 関係有りません)

関連サイト

ボストン美術館 浮世絵名品展

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.advenpro.net/MT6/mt-tb.cgi/71

コメントする

このブログ記事について

このページは、新宿の働かない社長が2008年11月11日 05:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大琳派展に行ってみた」です。

次のブログ記事は「AFRIKAに影響されて 上野動物園に行ってみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。