CAPA&Canon「EOS&PIXUSフォトゼミナールin横浜」に参加してみた

| コメント(8) | トラックバック(0)
最近 カメラニハマッテイル。
学研が出版しているカメラの月刊誌「CAPA」が主催する写真の講座に参加してみました。
毎年開かれるこのイベント、CANONのカメラやプリンターを無料レンタルしてくれるほか、プロカメラマンのレクチャー、モデルさんの撮影、とぜーんぶ揃って、無料!さらには、その時にとった写真でコンテストが開かれ豪華プレゼントまであるらしい…。
すっごいお得なイベントなので申し込んで見たら、抽選にあたった!
家族と過ごすべく週末なのだが、せっかくなので、愛妻に愛娘二人を任せ、挑んできました。サンクス 妻!

EOS&PIXUSフォトゼミナール

CAPA&Canon「EOS&PIXUSフォトゼミナールin横浜」
CAPA&Canon「EOS&PIXUSフォトゼミナールin横浜」

参加前に期待したこと

カメラとプリンターを両方とも発売しているキヤノン。撮影からプリントまで同じメーカーでできるのは強みです。(ま、ソニーの場合は、撮影からモニタ鑑賞までできますが…。)そのキヤノンがカメラとプリンターを貸し出すというので、日頃から
「カメラの液晶で観たそのままでプリントできればいいのにー」
と思っていたので、カラーマネージメント講座なのかな?と勝手に勘違いしていました。
他にも普段なかなか試せないような、印画紙による発色の違いとか試せるのを楽しみにして参加しました。

EOS&PIXUSフォトゼミナールの実際

プロフィール

結果的に大満足のフォトゼミナールでした。

内容は

  1. EOS 50D EOS KISS X3 の紹介
  2. 講師 山田愼二先生のレクチャー
  3. 昼食
  4. モデル撮影
  5. プリント
  6. コンテスト 

の内容。プリントは、リサイズも色補正もなにもせずに、出力しただけでした。ま、よしとしましょう。

講師の山田愼二先生がレクチャーだけでなく、モデル撮影会中でも随時アドバイスをしていただき、非常に勉強になった。よかったです。

講師 山田愼二先生の教え

プロフィール

撮影の時には自分がやってみせてくれました

細かなところにも気配りのできる素晴らしい方でした。
きっと山田氏に撮影されるモデルさんは気持ちよく撮られることができるんだろうなーと思いました。

これまで参加した2回のモデル撮影会では、取り囲む撮影者はまるで物撮りを撮るかのように、撮影します。
ま、1対たくさん だし、仕方ないのかも知れませんが
「笑って下さい」
で、撮った写真に、尾崎豊バリに「なにが写るというのか!」 と思っていました。いろいろあるんですが、要約すると以下の2点。

とにかく山田氏が強調されて言っていたのは

  • いろんなバリエーションで撮る
  • モデルさんと真摯な態度でコミュニケーションをとる

でした。

いろいろなバリエーションで撮る

プロフィール

上も下も撮りなさい と、 おっしゃるので

撮影の時には自分がやってみせてくれました

僕はプロカメラマンではありませんが、プロとしていろんなバリエーションを撮るのは使命だと思っています。プロとアマの違いは、他人の要求に応じているか否かだと思います。
WEBでも紙面でも、撮影前に一応カメラマンと打ち合わせをしますが、その際のレイアウトで想定するのは、当たり前の写真 です。その当たり前を押さえつつ、それ以外のカットを撮るのがプロカメラマンの仕事だと僕は思っています。その上で写真に力があるから、「見開きにしようか~」とか「特集に格上げだ」とレイアウトや台割りを変更するぐらいのすばらしい写真を撮りたいモノです。
けど、集団での撮影だと、思い通りにバリエーションを増やすのは難しい…。と感じながらの撮影でした。

モデルさんと真摯な態度でコミュニケーションをとる

プロフィール

これだけの人たちがモデルさんに群がる!!

結構シャイなので…

ごくごく当たり前のことなんですが、なかなかコレができません。こっちがアマチュアカメラマン、でモデルはプロフェッショナルなので、撮りたいイメージで撮る ではなく、いつの間にかモデルさんの撮られたいように撮らされている自分になってしまったりします。

僕は実はシャイなので、さっきあったばかりの女性にいきなり声をかけたりすることが超苦手だったりします。いろんなモデルさんの表情を引き出すためにもコミュニケーション能力を鍛えなくては と思いました。

で、コンテストで、1位になった 

EF50mm F1.4 USM

EF50mm F1.4 USM

賞品でキヤノン EF50mm F1.4 USMを貰いました

参加された方同士の投票の結果、僕の写真が1位になったので、賞品としてレンズ「キヤノン EF50mm F1.4 USM」(定価55,500円)とムック「超入門! キヤノンDPP」(定価 1,995円)を貰いました。

うわー。会社にあるキヤノンではRAWは撮らないし、50mmは既にあるし、使わないぞ、コレ。

この模様はCAPA 7月号にきっと掲載されるに違いない!

EF50mm F1.4 USM

現在発売中の月刊CAPA

山田愼二氏とモデルさんと4ショットが掲載?

とりあえず、1位で表彰されたので、嬉しそうな雰囲気を醸し出しつつ、内心、「2位のカメラバックとか山田愼二氏の写真とかのほうがよかったなー」と困惑している僕が掲載されるかも知れません。

関連サイト

CAPAネット

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.advenpro.net/MT6/mt-tb.cgi/105

コメント(8)

すげー、コンテスト1位!やるなあ。その写真みたい。

ムック 読みたいです。

くり様

ネット公開は、ダメみたいです。というか、撮影したデータは、CFごと編集部に預けて、後日郵送 なんだそうです。
知らなかったので、前の人の頭で、ピクチャースタイル調整してた画像とかが相当残っています。ハゲ頭の画像ばっかりで編集部の方はびっくりすると思います。

来社していただければ、お渡しいたしますよ。

社長! ずるく ないですか?
社長の腕ならそりゃ コンテスト1位になりますよ。

50mmは俺が使います。RAWでも撮ります。
だから本当に下さい。お願いします。

なんなら環境学校で撮影します。

だから使わないなら下さい。お願いします。

>副校長様
売れちゃったよ…。

(T△T)

コメントする

このブログ記事について

このページは、新宿の働かない社長が2009年5月25日 01:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「剣道2段は、自称が通用するのか!」です。

次のブログ記事は「パソコンの動作が遅い、重いと感じたらコレ!CCleanerとNTREGOPT」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。