ガンダムプロジェクトで実物大ガンダムを観に行く

| コメント(5) | トラックバック(0)
次女が熱があって具合が悪いようなので、プールをキャンセルしてお台場に実物大ガンダムを観に行く。
万が一、熱が下がらなくとも
「若さ故の過ち」
で許してもらうことにしよう。

素晴らしい! ガンダムプロジェクト

ガンダムプロジェクト

無料公開です。

なにが素晴らしいかって、夢があるじゃないですか! きっと誰もが一度は
「もし、僕がガンダムに乗ったら・・・。」
と考えたことがあるはずです。
僕ら世代の自衛官は本音では
「戦車とか戦闘機とかよりも本当は、MS(モビルスーツ)に乗りたーい!」
と思っているはずです。そしてできることならば「白いヤツ」に乗りたいのです。 そんな子供の頃の夢を形にしたロマンチックなプロジェクト、素敵です。
残念ながら普通の人も、ニュータイプの人でも試乗や運転はできませんが、嬉しいことに無料公開です。

実寸ガンダムの感想

ガンダムプロジェクト

こいつ…動くぞ!」

そうなんです。後から知りましたが、30分、00分に頭が動きます。ちょうど到着した見上げたときにガンダムの音楽と共に動きだしたのでびっくりしました。 プロポーションがちょっと頭でっかちな気がする。
手にビームサーベルを持たせて、夜になったら光ったら最高だったなー と思いました。
そんなにガンダムファンってわけではないんだけども、夢のあるプロジェクトで楽しめました。
次女(1歳5ヶ月)にとっては、初めて観るファーストガンダムが実物大というすごい体験ですが、
「ガンダムー」
と嬉しそうに声をあげていました。

次期プロジェクトの提案

ガンダムプロジェクトみたいな、子供の頃の夢 みたいなのが具現化されるのは、とてもわくわくします。

「いい大人がガンダムなんてー」という理解不足の大人がいるかもしれませんが、日々の暮らしの中でガンダムに限らずそういうエッセンスはすごく大事だと思います。

というわけで、生きているうちに実現して欲しいプロジェクトを考えてみました。

エヴァンゲリオン

第弐弾 実物大 エヴァンゲリオン

人気とかから考えて、次に来るのは、エヴァンゲリオン実物大で決まりです。 零号機だけなんてせこいこと言わずに次女機まで、3体そろって展示してもらいたい。お台場なら海もあるので、EVA次女機はぜひ、タンカーの上に設置してもらいたいものです。

実寸大 マクロス

第三弾 実物大 マクロス

さすがに、実物大のマクロスを製造するのはちょっと厳しそうなので(全長約1,200mです!)ここは無理をせずにバルキリーで我慢することにしましょう。あたりまえだけどバルキリーは、ぜひ、完全変形を実装して欲しい。ちょっと改造した戦闘機を三台ならべて、「ファイターです」というのはNGとします。

実寸大 宇宙戦艦ヤマト

第四弾 実物大 宇宙戦艦ヤマト

戦艦に乗った状態で 、宇宙に行ければそれは最高なのですが、せめて実物大でその気分を味わいたいものです。外部だけではなく、船内も見学できるようにしていただけると、喜ばしい限りです。
飛ばなくてもよいので、せめて、波動砲(模擬弾で)が撃てるように作っていただければ、よいかと思います。 展示後は、そのまま「船と宇宙の科学館」にすることもできます。

ガンダムプロジェクトの写真

たくさん撮りました。誰がとっても同じような写真になってしまいそうなので、実物大ガンダムをHDRで加工してCGみたいにしてみました。アニメが実物大になったのをさらにCGっぽくするという面白い試みです。本気で狙う方は午前中、なるべく早い時間にいったほうが、陽の光の方向がよいロケーションになるかと思います。白いMSと空が背景になるので、露出補正をしないと、暗くなってしまうかと思います。

ガンダムプロジェクト

 

ガンダムプロジェクト

 

ガンダムプロジェクト

 

ガンダムプロジェクト

 

ガンダムプロジェクト

 

ガンダムプロジェクト

 

ガンダムプロジェクト(新宿の働かない社長のフォト)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.advenpro.net/MT6/mt-tb.cgi/111

コメント(5)

写真見ました。すごいですね。

すばらしい。
俺も早く見に行きたいなぁ。

>お
K-7 のHDR機能と比べてみたいもんだ。

どうやってこういう写真を撮るんですか?

うーんと・・・。カメラを構えて、シャッターを押して撮影します。不親切だな。
HDR(ハイダイナミックレンジ撮影)という技法とか、フォトショップで加工しています。

コメントする

このブログ記事について

このページは、新宿の働かない社長が2009年7月21日 20:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電車での出来事」です。

次のブログ記事は「北海道大雪山系トムラウシ山の遭難事故に想う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。